なまくらのどあほうブログ
「duselのなまくらブログ」(@CURURU)のTB発信基地。
プロフィール

なまくら

Author:なまくら
本家はこっち(@CURURU)。
ここオリジナルの(R18な)記事も・・・出来れば書きたいW

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

96/11/25

今から十年前の話。学校の校長宛てに、

「体育祭(または、テスト等)をしないで下さい。やったら自殺します」

という内容の手紙が届く、という事件が頻発していた。
その事について触れている、当時の俺の日記(もちろん、web上ではなく、大学ノートに残していたもの)を以下に記す。


----------------------------
(…)そういう「目立つ」事をやった日には(例えそいつが犯人であろうとなかろうと)いじめられっ子がからかわれる事、目に見えてる。
 そう、「条件付き自殺予告」など、99.9%いたずらだ。だが、0.1%がある。で、事は犯人の思惑通りに運ぶ。俺はそれがくやしくてならない。いじめられっ子の心の叫びまであんた方はいたずらの道具にするか。
---------------------------


最後の一文を、いたずら目的で文部大臣宛てに手紙を送った人に捧げたい。  



いじめ自殺を予告する手紙が文部科学省に相次いで届いた問題で、同省は10日、触発されたとみられる手紙がさらに5通届いたと発表した。うち1通は、いじめが原因とは考えにくい悩みを打ち明ける手紙だったという。



匿名の自殺予告など相次ぐ=いじめと無関係の手紙も-文部科学省


最初に自殺予告文(あるいは、「自殺の原因がイジメである事の証明証」)(リンク先は公表された手紙の全文)を書いた人を含め、すべての人がいたずらだとは言わない。
が、「大臣宛ての手紙」がマスコミに大きく取り上げられた途端、次から次へと大臣宛てに自殺予告文が届くなんて、どう考えても変だろ?
第一、「文部科学大臣宛てに手紙を送る」なんて、どう考えても最善の策とは思えないのに。
(「じゃあ、『最善の策』は何か」って?悪いけど書かない。万が一、その内容が自殺志願者の目に留まり、参考にされたら、と思うと恐ろしくて書く気になれん。自分の死に様ぐらい自分で考えてくれ。それも出来ないような人は最初から死なないでくれ)


 結論。
・他人の自殺ネタで遊ぶのは本当に勘弁してくれ。胸糞悪い。
「いじめられっ子の心の叫びまであんた方はいたずらの道具にするか。」
・10年前も今も、何も変わっちゃいない(むしろ、悪化している)。多分、10年後も、何も変わらないだろう。

スポンサーサイト

テーマ:いじめ - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

記事の補足。
>他人の自殺ネタで遊ぶのは本当に勘弁してくれ
「大臣に届いた手紙が全て本物である」可能性もゼロではありませんが・・・
「あの手紙、書いたのお前だろー」とイジメ(orからかい)のネタにする奴は間違いなく
居ると思うので、それも含めて、と言うことで。

>10年前も今も、何も変わっちゃいない
「俺の思考回路が?」…と自分自身に突っ込み入れたくもなりますがw
「自殺予告で遊ぶ奴は今も昔も居る」と言うことだけでなく、
「加害者(今はそれに学校・教育委員会が加わるわけだが)をみんなで叩く→時間が経つとみんな忘れる」という世論の流れも10年前となんら変わりが無かったりします。
「イジメの加害者だった奴はいくらイジメてもOK」という物でもないとは思うんですがね…。
【2006/11/11 01:54】 URL | なまくら #tHX44QXM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。