なまくらのどあほうブログ
「duselのなまくらブログ」(@CURURU)のTB発信基地。
プロフィール

なまくら

Author:なまくら
本家はこっち(@CURURU)。
ここオリジナルの(R18な)記事も・・・出来れば書きたいW

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田(英)の話(その2)
日本対ブラジル戦、そして中田(英)の話。 の続き。

「拳組(こぶし)日記」の記事やコメントを読んで中田選手の事を考え続ける中で、ふと疑問に思ったこと。


 「中田選手は、チームのリーダーだったのか?」


俺は違うと思う。理由は以下の通り。


1.年齢的にそれほど上でないこと(1977年生まれ。って俺や柳沢選手と同じ年の生まれかよ!)
2.実力・実績的に他を圧倒していない事(イタリアのトップチームで活躍したのは昔の事。今はイングランドリーグで控えに甘んじているし(・・・え、ドイツのチームに行くの?、今大会を見ていても(特に体力的な)衰えを感じた)
3.攻撃の中心選手でもなければ、キャプテンでも無かった(それぞれ、中村、宮本選手)


 ・・・だから、彼はチームのリーダーじゃなかったと、俺は思う。
そもそも、日本代表の「リーダー」は誰だったのだろう?
チームを精神的に牽引するような人が、日本代表に居たのだろうか?とても疑問に思う。


 ただ、これだけは言える。
「中田選手は日本代表の中で唯一、自分のチームの状況に対して不満を表していた」
そんな事をしてチームがまとまる訳が無いのは事実だけど、チームが2敗1分けで敗退したのも又事実。


 要するに、「このままだとダメ」という中田選手の警告が当たったわけで、その「警告」を今後どう生かすか、が次の代表監督やそれを見つめるサポーターが考えるべきことなのかなあ、と思う。


 戦犯探しではなく。


 ・・・そんな訳で、カネコタツヒコさんが書くという本の内容を、俺も期待したいわけです。
誰かを糾弾したり、極端な思い込みや偏りのない(そりゃあ、人間だから偏りをなくす事は不可能ですよ。・・・でも、偏りすぎた内容の文章は読む気にはなれない)、
2006ワールドカップの日本代表の総括と、これからの展望を。


スポンサーサイト

テーマ:ワールドカップ - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

人の気持ちをどれほど思いやれるのかな 自分が一番ですかな
【2006/07/04 06:10】 URL | konomi #- [ 編集]

konomiさん、コメントありがとうございます。
>自分が一番ですかな
と言われている相手が中田選手なのか、俺(=”なまくら”)なのか、今一つ分からないのですが・・・
とりあえず、俺は
「『自分が一番』と思う人が集団の中で一人ぐらいは居てもいいとは思う。でも、俺はそうはなりたくない」
と、思ってます。
【2006/07/05 23:50】 URL | なまくら #tHX44QXM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。