なまくらのどあほうブログ
「duselのなまくらブログ」(@CURURU)のTB発信基地。
プロフィール

なまくら

Author:なまくら
本家はこっち(@CURURU)。
ここオリジナルの(R18な)記事も・・・出来れば書きたいW

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本対豪州戦 「誤審」の話。

「PKなら状況違った」=ジーコ監督が主審を批判〔W杯〕
2006年6月16日(金) 5時30分 時事通信 



 日本が逆転負けを喫した12日のオーストラリア戦で、日本に与えられるPKが見過ごされたと、国際サッカー連盟(FIFA)が指摘したことについて、ジーコ監督は15日、「あれがPKであれば、状況はまったく違っていた」と語り、敗戦に誤審の影響があったとの見解を示した。
 誤審と指摘されたのは、日本が後半1-1に追い付かれた後、ペナルティーエリアで駒野(広島)がケーヒルに倒された場面。ケーヒルはその後、勝ち越し点を決めた。



(中略)


また、ジーコ監督はエジプト人主審が日本の前半の中村(セルティック)のゴールについて「日本FWのキーパーチャージで反則だった」と豪州GKに発言したとされることには、「あってはいけないことだ」と批判した

 


「駒野がPKをもらえれば、状況は全く違っていた」

「中村のゴールが認められていなければ、状況は全く違っていた」
だし、
「(主審が誤審を認める発言をした事は)あってはいけないこと」

「(大会の早い段階でFIFAが誤審を認める発言をする事は)あってはいけないこと」


だと思う。
(審判の判定に選手や観客が不信感を抱いた状態で、いい試合、いい大会運営が出来ると思うか?事実、エジプト人主審は「『誤審だった』なんて言っていない」と主張しているし


そんなわけで、「ジーコ監督の発言は余りに自分勝手じゃないか?」と思っていたのだが・・・
どうやら、ジーコ監督の発言が日本人を煽る方向で編集されていただけらしい


サッカー=ジーコ監督、FIFAの誤審認める発言に怒り
(ロイター) - 6月16日13時48分更新
 



サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会に出場する日本代表のジーコ監督は15日、日本が1─3で逆転負けした12日のオーストラリア戦で日本に与えられるべきPKが見過ごされたと、国際サッカー連盟(FIFA)が誤審を認めたことについて、怒りをあらわにした。
 ジーコ監督は「今言っても何も変わらない。あの時PKが与えられていたら、全てが変わっていたかもしれない」と、FIFAが誤審を認めたタイミングについて不満を示した。(太字は引用者による)



(中略)



ジーコ監督はさらに、主審が試合後に日本の先制点は誤審だったとしてオーストラリア人選手に謝罪したとされることについても、「審判はそういうことを言ってはならない」と批判した。



同じインタビューを元にした記事でも、印象がまるで違うんですが・・・
------------------------------
以下、この記事のまとめ。

1.たのむから、時事通信社は日本人を煽るような記事の書き方をしないでくれ。


2.日本でも「駒野が倒された時にPKをもらえなかったのはおかしい」という意見を(ネット上で)ちらほら見るが、


今さらあれが誤審だどうだと言ったって、仕方が無い。過ぎ去った事は忘れて、次の試合以降の事を考えてはどうか。


(というか、「日本×豪州戦」に関する議論の中で、誤審云々の話題が一番非生産的だと、俺は思ってる)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。