なまくらのどあほうブログ
「duselのなまくらブログ」(@CURURU)のTB発信基地。
プロフィール

なまくら

Author:なまくら
本家はこっち(@CURURU)。
ここオリジナルの(R18な)記事も・・・出来れば書きたいW

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発反対派が大喜びするのは分かるけども。

「じゃあ、今ある原発はどうすればいいのですか?!」、と原告の皆様に聞きたい。


livedoor ニュース - [志賀原発訴訟]2号機運転差し止め命じる 金沢地裁


 



地震学は大きく進展しているとして、国の耐震設計審査指針(耐震指針)が採用している理論的な地震評価手法について「限界が明らかになっている」と指摘。「これによって耐震設計をしたからといって、原発の耐震安全性が確保されているとはいい難い」と、指針そのものの不備に踏み込んだ



今の耐震指針(昭和56年に作成された指針で、現在見直し作業中だとか)に不備がある、という判決は、
「今ある全ての原発の耐震安全性は確保されていない」
という宣言に等しいのではないか、と思える。


 だが、今現在の地震学だって、完璧ではないかも知れない。今現在では予測もつかないような現象が起こるかも知れない。でも、今現在分からない事を耐震設計に反映させる事は出来ない。


つまり、地震によって放射能漏れを起こす可能性を完全にゼロにする事は不可能、という事。
原発なんて、最初から危険なものなんですよ。デメリットよりもメリットの方が大きいから、仕方なく使っているだけで。


 


PS.ところで、「原発反対」を唱える人たちは、原子力に変わる電力を何で補うべきだと考えているんだろうか?
それとも、「真夏の昼間に電力不足による停電が起こっても、それはそれで仕方ない」と覚悟を決めているのだろうか。
後者だとしたら、俺には真似できない・・・

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。