なまくらのどあほうブログ
「duselのなまくらブログ」(@CURURU)のTB発信基地。
プロフィール

なまくら

Author:なまくら
本家はこっち(@CURURU)。
ここオリジナルの(R18な)記事も・・・出来れば書きたいW

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たまにはほめてあげます。」で、なぜここまで殺伐とせねばいかんのか。
さっき書いた記事と関係あるような、ない様な話。
むだづかいにっき♂:満足度の高かったゲームコメント欄における言い争いについて。
「はむはむ」氏が「『ほめてあげます』は謙譲語」とか何とか言い出したのって、売り言葉に買い言葉で返しただけなんじゃないの?ただ単に。
管理人と「粘着君」の意地の張り合いのせいで、記事とは無関係の殺伐としたコメント欄が出来たんだろうに。言葉の定義なんてただの口実でしょ?問題の本質はそこにはない。
(はむはむ氏言うところの「陰口」がどんな内容であったか、確認が取れないけど・・・まあ、「ほめてあげる」という日本語表現について、えっけん氏が別のブログ等で文句書いてたんだろうな、と容易に想像はつく)
どっちかがスルーすれば、ここまで話がこじれる事はなかったろうに・・・

実にやりきれない。

PS.当該コメント欄のやりとりは近日中に削除するとか。そのときはぜひ、「むだづかいにっき」に打ったこの記事のTBも削除してくださるよう、お願いします>えっけん氏
PS.2(12/9夜)「言い争い」がお互いが歩み寄る形で解決した件について。
 こんな形で論争が終結した例を初めて見た。驚いた。そして感動した。
「殺伐としがちなネットの世界で見つけた、一筋の希望」、そんな印象を受けた。(大げさな表現かもしれないけど)
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
該当の記事について
他の理由が出来たので、削除はしない方向で考えております。
【2005/12/09 08:06】 URL | えっけん #SFo5/nok [ 編集]

了解しました
レス有難うございます。
【2005/12/09 12:12】 URL | なまくら #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。