なまくらのどあほうブログ
「duselのなまくらブログ」(@CURURU)のTB発信基地。
プロフィール

なまくら

Author:なまくら
本家はこっち(@CURURU)。
ここオリジナルの(R18な)記事も・・・出来れば書きたいW

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチ読者を「粘着君」なんて呼んでも、事態は悪化する一方だろうし。

「むだづかい日記」が荒れている。

信者ブログ管理人の支持者vsアンチコメンテーター」による生産性のない言い争い・・・

これ、何て「さきっちょ&はあちゅう」?と思ってしまう。

(春から夏にかけて、二人のブログは「何か書くたびに叩かれる」状態に陥っていた。そしてそのたびに「信者ブログのファンvsアンチ」の罵り合いがコメント欄で起こっていた。今は違うけど)

 


「荒れ」るコメント欄を見るたびに、あるコメントを思い出す。

以下、Scott's scribble - 雑記。: Re:Re:若隠居さんがブログを閉じた。のコメント欄より全文転記。

 

一般論です。あくまで一般論です。さらに単純化した話です。

正面からの議論にこだわる人とこだわらない人とでは、最後に立っているのは後者。
守るべきもの(たとえば自分のブログ)がある人とない人とでは、最後に立っているのは後者。
実名またはコテハンの人と匿名の人とでは、最後に立っているのは後者。
理性的たろうとする人と気にしない人とでは、最後に立っているのは後者。
汚い言葉を厭う人と気にしない人とでは、最後に立っているのは後者。
一対多では、最後に立っているのは後者。
粘着度の低い方と高い方とでは、最後に立っているのは後者。
相手を理解しようとする人としようとしない人とでは、最後に立っているのは後者。
己を客観視できる人とできない人とでは、最後に立っているのは後者。
他人を罵るのが好きでない人と好きな人とでは、最後に立っているのは後者。
不毛な争いに倦む人と飽きない人とでは、最後に立っているのは後者。

繰り返しになるけど単純化してます。さらに言えばこんなのはいやです。論破してください。
Posted by Nakada Hiroshi at 2005年07月22日 22:43

 

自己中心で、わがままで、感情に任せてがなりたてる人の方が生き残る、と。

この論理はブログだけでなく、現実社会にも当てはまるのではないか。そんな気がするだけに、実に気が重い。

世のなか、ごねた者勝ちかよ。・・・誰か、論破してください。お願いします。


PS.(12/19)文章の一部訂正(この色でかかれた部分が訂正箇所)。

誰かを揶揄するために「信者」という表現を使ったわけではないんです・・・。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。