なまくらのどあほうブログ
「duselのなまくらブログ」(@CURURU)のTB発信基地。
プロフィール

なまくら

Author:なまくら
本家はこっち(@CURURU)。
ここオリジナルの(R18な)記事も・・・出来れば書きたいW

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブログは終わったのか?」

べにぢょのらぶこーる - ブログは死なないわ、私が守るもの。
より、今さらながらバトンを受けとってみる。


 1. あなたの目に、ブログは終わったように見えますか?
   それともまだまだ可能性は残されていると思いますか?


 まだ始まってもいない。そう信じる。


 2. 1.の理由を、できるだけ具体的に(できれば、具体的なブログやブロガー、
   その他のサービスなどを挙げて)答えてください

http://myhome.cururu.jp/newbloglist.nhn
http://d.hatena.ne.jp/diarylist
「CURURU」の新規開設ブログ及び、「はてなダイヤリー」の新着記事リスト。
-----------------------------------


「blogを知らない人はまだまだ居るし、これからblogを始めようとする人は沢山居るはず」と、根拠もなく俺は信じている。
2.で挙げたリストの中に、今のブログ界の地図を塗り変えるような素晴らしいブログ/記事がアップされる日が来るかもしれない、と。


 …少なくとも、現時点に於いて、ブログは
「最も気軽に自己表現が出来る場」
であると思う。
(2chやはてな匿名ダイアリーの方がもっと気軽に書き込めると思うが、匿名である故に記事単位でしか評価されないのが難点)
その利点が失われない限り、ブログは消える事はないし、「終わる」こともないと思う。


ブログはどんどん新陳代謝を続け、進化し続けるだろう。俺はそう予想している。
そして、そうであってほしいと「願って」いる。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/03/28 09:48】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。