なまくらのどあほうブログ
「duselのなまくらブログ」(@CURURU)のTB発信基地。
プロフィール

なまくら

Author:なまくら
本家はこっち(@CURURU)。
ここオリジナルの(R18な)記事も・・・出来れば書きたいW

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前に出る勇気

6年前の新大久保駅事故と同じ日、上野駅で転落者救出 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞


この記事で触れられている「あなたを忘れない」という映画、及び新大久保駅の事故に関する報道のあり方については、ネット上で非難が巻き起こっていますが、それはさておいて。
(参考:痛いニュース(ノ∀`):「劇中の日本人はひどい描写」 映画『あなたを忘れない』55点(100点満点中)…新大久保事故題材の日韓合作映画


事が起こったときに「よし、俺が」と一歩踏み出すのって、勇気がいると思うのですよ。周りに人が居れば、どうしても「別に俺が助けなくても…」って気持ちになってしまいますし。
(そういう心理状態を表す心理学用語があったように思うが、よく覚えていない)
だから、そういう勇気を喚起させた「あなたを忘れない」という映画はもっと評価されていいと思うし、この救出劇についてのネット界の反応が余り伝わってこない事がもどかしくてならない。


PS.1 線路に落ちた人を救出する際には、「非常ボタンを押す事」をお忘れなく。六年前と同じ事を繰り返していては、李さんも関根さんも浮かばれないと思う。
PS.2 俺自身、「近所の池で小学生が溺れていたのを見に行ったが、何も出来なかった」という経験をした事があるのです(高校生の頃)。だからこそ、「いざという時でも、人はなかなか動けない」と断言できる。


スポンサーサイト
子供は「決められた宇宙で上手にダンス」してるだけだ。

『学校裏サイト』 小中高生に浸透 保護者への啓発が急務(東京新聞)



インターネットで、個人の中傷などいじめにつながりやすい「学校裏サイト・掲示板」や、自分自身の画像などを不特定の人に公開する「プロフィルサイト(プロフ)」が、県内の多くの小中高校生に浸透している実態が十八日、明らかになった。
・・・
会議に出席した子どもセーフネットインストラクターの小川真佐子氏は「子どもが大人に踊らされている。携帯電話を与える前によく考えるなど、有害情報から子どもを守らなければ」と問題提起した。



(3/26 追記:上記記事がリンク切れになっているので、同じ事を扱ったJ-CASTニュースへの
リンク貼っておきます。
 J-CAST ニュース : わいせつ中傷飛び交う 中高生利用携帯サイト )


「学校裏サイト」や「プロフ」サイトが、こういう利用法を意図して作られたとは思えないんだが。
「むしろ大人が子供に踊らされている」という印象を受けた。
-----------------
・・・以上は実は前フリでして。「プロフ」サイトで思い出した事を一つ。
googleで「dusel」を検索してたら、こんなサイトに行き当たった。
http://p.prfy.jp/dusel/ 
ちぃ17歳。この春から大学生(推薦入学かね?うらやましい)、好きな小説は「ケータイ小説全般にー」・・・


・・・何故に、この人が自分のプロフサイトのurlを”dusel”にしたのか、気になって仕方が無いんですが。


(繰り返しだけど、”dusel”というHNは「アンネの日記」の登場人物「デュッセル」に由来している。またはドイツ語で「愚か者」。どっちにしてもスペルミスしているんだけど(本当は"dussel"))


あー、ひょっとして、大深度地下科学工学研究所(DUSEL)の関係者が親戚にいるとか、そういう縁だろうか。そっちの方が現実味ある。
(ちなみにこの組織の存在は「dusel」のHNを使うようになってから知った。俺のblogが「大深度地下科学工学研究所」のサイトをお探しの方には邪魔になっている様な気が(汗))


ちょっと待て。
試聴者の皆様へ-関西テレビ放送
「発掘!あるある大事典II」内で事実とは異なる内容を放送した事を謝罪している文章なのだが、内容が酷すぎる。 以下、転記。
[続きを読む]
日本人の北朝鮮に対する洗脳ぶりは異常。

「アジア7か国世論調査」2006年7月調査(面接方式) : 調査項目 : 世論調査・支持率 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
というのを新聞紙上で読んだ時の話。(9月初めの事なんですね。web上の日付によれば)


(略称と調査方法)
日=日本、7月8-9日実施、20歳以上の男女対象、1867人回答
韓=韓国、6月22日-7月3日実施、20歳以上の男女対象、1000人回答
印=インド、7月1-10日実施、18歳以上の男女対象、1001人回答
イ=インドネシア、6月23日-7月12日実施、18歳以上の男女対象、1000人回答
マ=マレーシア、6月26日-7月12日実施、21歳以上の男女対象、1000人回答
タ=タイ、6月30日-7月14日実施、18歳以上の男女対象、1006人回答
ベ=ベトナム、6月23日-7月10日実施、18歳以上の男女対象、1005人回答
いずれも対象者は多段無作為に抽出し、訪問面接法で実施。
(読売新聞の記事より。以下同じ)


◇「韓国」について、良い印象を持っていますか、悪い印象を持っていますか。


                     韓  印  イ  マ  タ  ベ
・非常に良い印象           4.9  /  18.4 12.7 20.0  8.3 39.2
・どちらかといえば良い印象     38.6  /  34.5 65.9 61.0 45.3 44.3
・どちらかといえば悪い印象     39.7  /   7.0 11.3 11.0 36.8  6.7
・非常に悪い印象          11.5  /   1.8  1.9  2.1  6.6  1.7
・答えない              5.4  /  38.4  8.2  5.9  3.0  8.2

(心の声) 「あー、嫌韓流がネットを中心に盛んだからなあ・・・こういう結果は必然かも」



◇「日本」についてはどうですか。
                   日  韓  印  イ  マ  タ  ベ
・非常に良い印象           /  
0.2 60.4 42.0 33.4 25.0 53.3
・どちらかといえば良い印象      /  16.9 35.4 52.4 57.6 63.5 35.3
・どちらかといえば悪い印象      /  60.9  1.4  3.4  5.5  9.4  3.6
・非常に悪い印象           /  21.2  0.9  0.8  1.5  1.1  0.6
・答えない              /   0.8  1.9  1.4  2.0  1.0  7.2

(心の声) 「日本に対して悪印象をもっている韓国人の比率が突出して多いな・・・『韓国は反日思想がデフォ』という風評は本当だったか」
(蛇足:中国は調査に参加せず。というか中国政府が調査を許可しなかった、との事)


 


◇「北朝鮮」についてはどうですか。


                     韓  印  イ  マ  タ  ベ
・非常に良い印象           0.3  1.3 14.8  6.6  7.9  3.3 14.1
・どちらかといえば良い印象      0.1 29.6 28.2 56.0 38.9 26.9 38.2
・どちらかといえば悪い印象     10.0 55.0  9.0 19.0 32.0 46.3 12.5
・非常に悪い印象          88.2 12.8  2.6  5.3  6.4 20.0  2.3
・答えない              1.4  1.3 45.5 13.1 14.8  3.5 32.8
「・・・・・・何なの、これ。」


北朝鮮に対して悪印象をもっている人の割合、実に98.2%。
しかも、『非常に』悪い印象が88.2%。
他国に対してここまで偏った印象をもっている国は他に無い。
(他国に対して「非常に悪い印象」を持っている国民が次に多いのは
「韓国→日本」 の21.2%。
「非常に『良い』印象」を含めても
「タイ→日本」 の60.8%。)
(『悪印象』で調べたら「韓国→日本」が第二位で、82.1%)


つまり、だ。


国人が日本人を憎んでいる以上に、我々日本人は北朝鮮を憎んでいる。
そして、これは周辺国から見ればこの事は異常極まりない事なんだ。
国民の9割近くが他国に対して「非常に悪い印象」だと?どこの戦時下の話ですか、これは。


2chやブログで面白半分に朝鮮や中国叩きを繰り返す奴らよ、いい加減目を覚ませ。
お前らは洗脳されているんだ。


 


暴論なれど、一つの意見。

文科省に6日に届けられた「いじめが原因の自殺証明書」について、石原知事が信ぴょう性に疑問を投げかけた。



Yahoo!ニュース - スポーツ報知 - 慎太郎知事「愉快犯」…文科省に届けられた「自殺証明書」11日期日


 普通こういうシュチエーションで 「あの『自殺証明書』、偽物なんじゃないの?」 と公言する事は、ありえない。手紙が本物だった場合、本当に筆者が失望して自殺しかねないから。 なんでこんな人が政治家(都知事)やってるんだろ・・・と心配になる。 が、



「先生に、私の名前をもじった実にいやらしいあだ名をつけられ、いじめられた。私はそれを聞き、すぐに校長に電話して『僕に劣等感があるか知らんが、もし改めなければ学校に出向いてその先生をぶん殴るからな。あんたの監督責任も問われるぞ』と言ったら、(いじめを)やめさせましたよ」



「僕だって、転校してきた時にいじめられた記憶があるが、やっぱり自分で戦った方がいいと思う。こらえ性がないだけでなく、ファイティングスピリットがないと、一生どこへ行ってもいじめられるんじゃないの」



上の発言は、一つの意見として受け入れるべきだと思った。


耐えたり、学校を変えたりすることで問題を解決する方法もあるが、「イジメと正面から闘う」のも一つの方法ではある。
(武装したりとかね…剣山で武装して学校に行った人の話を聞いた事もある)
ただ、
言い出しっぺも一緒に闘わなければダメ
だとは思う。
石原都知事は「校長室に殴り込みをやった」という。だからこそ、俺は石原都知事の考え方を尊重したい。


PS.
"<自殺予告>石原知事発言で追い詰められた 高2からはがき"
この記事を受け、「むしろ今だからこそ書かねば」と思ってこの記事を書きました。
石原知事の意見を単なる「暴論」として封殺させる訳には行かない。

 


PS2.お願いがあります。
身近にいじめられている人が居て、その人を何とか助けてやりたいと思っている人は

その人の事を全力で守ってあげて下さい。

必要なのは言葉じゃないと思います(イジメが良くないことは、誰だってわかっている)。
必要なのは、イジメを止める具体的な行為です。
そこまでやる覚悟の無い人は、変に口出ししない方がいいんじゃ無いかと、俺は思います。
励ますつもりが、逆効果になるかも知れません。


テーマ:いじめ - ジャンル:ニュース



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。